Plastic Dogs @バレンタインドライブ

はじめてのPlastic Dogsのライブ。初めてのメンバーでちゃんと曲を練習してライブをやったのは久しぶりかも知れないなぁ。セッションやインプロではあるかもしれないけど、新しいメンバーと「はじめまして」ってなって、自分で全部作曲して練習してライブするのは本当に何年振りかもしれない。久しぶりに緊張した。ミシェル曰く「ぜんぜん緊張してるようには見えなかったよ、ポーカーフェイスだね」とのことだったけどそんなことないぞ。

ライブは楽しんで演奏できた。よかった。特に林さんが笑って吹けなくなるぐらいクレイジーなギターで、この逸材を絶対に離したくない!と強く思う。演奏中にどっかに行っちゃうし、めっちゃおもしろい!この人何なんだ一体。それに林さんは私の用意した五線譜よりタブ譜の方が読みやすいからという理由でさらに自分で打ち込みしてタブ譜面を作っていてものすごく時間がかかったと思う。本当にいろいろとすごすぎる!ありがとうございます。全員でリハーサルやるたびにここはこうしたい、ああしたいと欲がでてきて全体のアレンジが練習すればするほど変わっていくのでもうすこし練習してから録音したいところだなぁ。バンド全体の伸びしろの可能性が予測できない。うえじさんもよくやってくれたと思う。きっとめっちゃ練習したんだよなぁ。武藤先生は誰もが認める安定のパーフェクト演奏なので最初から何も不安はなかったけど曲が増える度に「何か難しくて何が簡単なのかわからなくなってきた」と言っていて、それって何かしらのゲシュタルトが崩壊してるじゃん!と思って笑えてきた。たぶんギターの二人は「山があったら登頂したい派」なんだと思う。この自分自身に対しての負けず嫌い感がすごい。どんなに難曲でも「できません」って言いたくないって言ってたし。すごいわ。

ミシェルとは去年もあってるけど今回はバンドで登場。面白かったな。ミシェルの作る曲は面白いね。また来年もこれたらいいね。終演後は味仙へ。台湾ラーメンはとっても辛いよ。気を付けてね。と言うと「スイスのほうがもっと辛い物あるよ、ぜんぜん問題ないよ」と言いながらせき込んでいた。ぷぷぷ。
みんなとたのしい時間を過ごせてよかった。これはお客さんのおかげ。自分の生きている間にこんな素晴らしい経験をさせていただいて心から感謝。そして今後の自分のやるべきこと、練習すべきこと、やっておきたい事がますますはっきりしてきた。もっともっと練習できたらなぁ。時間と場所を確保するのが問題。
即興演奏のように何も決めないで演奏するのも大好きなんだけど、その真逆できちんと細部まで決めた曲をしっかり練習して演奏する事も自分にとっては魅力的と感じてる。まだまだやりたい事いっぱいだ。

|

あんかけ焼きそば

あんかけ焼きそばが大好きなんだけどなかなか食べられるお店がない。知らないだけなのかな。中華料理屋にもない事が多い。どこかで美味しいあんかけ焼きそばを食べられないものか。。焼きそばの麺は普通のラーメンみたいな麺なんだけどおこげがところどころにあってパリパリしてるやつで、その上に中華あんが乗っかっていて、海鮮と豚肉と、包丁を寝かせてななめに切った白菜と、できればウズラの卵も。そのほかにもいろいろたっぷり野菜がはいっていて(もやしはいらない)味は塩味ベースでもしょうゆ味ベースでもいいんだけどとろみが絶妙で麺の上にたっぷりかけてあるあんかけ焼きそばが食べたい。そういうのが名古屋周辺の中華料理屋にはないんだなぁ。札幌や東京にはよくあると思う。気のせいか?なので仕方ないので自分で作る。中華あんの味だけ決まればあとは結構簡単で麺のおこげ具合も好きなだけ調節できる。ただ一つ心配なのはおいしすぎて作りすぎてしまう⇒食べ過ぎる。

自分でつくるときはけっこうなハ゜リハ゜リの感じにして大満足。家のキッチンがオール電化なんでコンロもIH。ガス火だったらもっとぱりぱりになれていたかもなぁ。大きな中華鍋を回しながら作ってみたい。

|

Plastic Dogsのリハーサル。可能性が無限に広がるのりしろを見た!

Plastic Dogsのリハーサル、やる度にどんどん良くなる。曲を覚えて個人的に練習してきてみんなが曲を演奏できてきたから全体的なダイナミクスや細かい部分を決める感じになってきた。どんどんアレンジのよいアイデアが出てきてやればやるほど良くなっていく。まだまだできる事たくさんある。やればやるほどに良くなりそうなアレンジを思いつくのにそれに追いつかない感じ。泉のように湧き出るぞ!いますごくいい感じなのかもしれない。そういうときにちゃんと練習して打合せしておいた方がいいと思う。1回のリハーサルが2時間じゃぜんぜん足らない。曲がおおいしなぁ。血糖値(Blood Sugar)って曲の出だしがドラムソロからなんだけどちょっとアレンジを変えただけでものすごくよくなった。うれしいなぁ。そして今日は全曲通しでやってみたけどちょっと時間オーバーなので1曲カットすることにした。自分が作った曲だけどメンバーがもっともっとかっこよくしてくれてる。うれしい。バンドやってる人にしかわからないと思うけどこの達成感というか一体感というかなんともいえない「気持ちいい」感じは依存症になる。この気持ちよさは心と体が気持ち良いのでだれでも依存症に陥りやすいのではと考える。だからみんなバンドやるんじゃないかなぁ。健康にもよさそう。ぷぷぷ。なにより私の音楽を面白がって付き合ってくれているメンバーに感謝。ほんとうにありがとう。
帰宅し、ご飯作る気力ものこってなくて昨日のごはんと玉子焼きと佃煮で簡単に済ます。こういう深夜に夕飯食べるのが一番よくないんだなぁ。しかしおなかすいてそのままでは寝れない。

今週はぜんぜん自分の時間がとれない。てゆうか今月は予定を詰め込みすぎてしまった。失敗した。9月はスケジューリングがだめだった。来月は一日中なにも予定のない一日を送れる日を作ろう。切り替えをうまくできないのにいろいろ予定を入れすぎるのはよくない。しかもぜんぜん家にいないから郵便物の不在通知がどんどんたまっていく。。。なかにはこれ、、、何だっけ。。。ってのもある。これらを全部取り置き期限内に再配達してほしいけどその期限内に家にいれるのかちょっと心配。再配達を待つ時間もないのかぁ。返送されないかちょっと焦る。あした問い合わせしてみよう。

|

せつないお知らせがあった。

秋用にあたらしいバッグが欲しいなぁ。今日は買い物にいってしまおうかと思っていたのだけど、某ギャラがまだもらえてないので延期。。。しょうがない。サルに誕生日プレゼントを購入。めっちゃ喜んでくれた!わたしも嬉しいよ。というわけで自分のポールアンドジョーのハンカチを購入。ねこのシリーズがでたんだけど、このシリーズのはんかち全部ほしいわ。

先週は買い物に行く時間もなく、食材がざくろと味噌しかないという悲しい冷蔵庫だったのでスーパーへ。野菜がまた値上がりしてるような気がする。気のせいかも。さつまいもを買おうかやめようかかなり迷う、かなりの時間迷う。店内をうろうろしながら考えて結局買わなかった。アイスを買うのを忘れた!あれないとお風呂上りがかなり寂しい。

ポーランドから注文入る。このお客さんはリピーターで、1枚買ってみて面白かったので他の私のリリースものを欲しいとのこと。こういう人は本当にありがたい。そしてこうやって草の根活動のような販売だけど1枚1枚わが身を振り絞って丁寧に作ってきてよかったとつくづく感じる。さらにもっともっと良いものを作り発信していこうと思う。制作は本当につらくて大変。評価されるのかどうかもわからないし、自分が良いと思うものを回りに惑わされず信念をもって制作していくのは強いメンタルが必要かと。

心折れる事なんて何度もあるし、1日で何回もある時もあるけれど、こうやって誰かがどこかで私の音源を聞いてくれている事が自分のなによりのご褒美だと感じる。

四日市のバンドBasquia(バスキア)が年内をもって解散するとのこと。若林君からメールあり。なんて悲しんだろう。このバンドはアイデアが秀逸で楽曲はもちろんだけどレコーディング、動画、すべてにおいてセンスあるなぁって思ってた。本当に残念だ。来年から活動しなくなるそうだけどいつか将来またみんなが時間に余裕持てた時にまたはじめてもよいんじゃないかな。いちフアンとしてそういう期待もしてる。とにかくバンドってのは脆い。もろくて儚い。だから聞けるときにライブに言っておいた方がいいし、できるときにできることをやっておいたほうがいいと思う。(録音とか)バンドをやっている人はその儚さ、その言葉では言いようのないやめられない快感、そういう信じられないぐらいの感動と多幸感を味わうことができるので余計に解散となると悲しい。他人事とは思えない。あとちょっと頑張って!

|

バレーボールズ@今池まつり2日目

今年のバレーボールズはケイコリーさんがゲストになり超緊張。すばらしかった。"Gee, Baby, Ain't I Good to You"の1コーラス目はギターとボーカルだけで始まりそこで鳥肌立った!なんせエロい。エロから生まれたんだろうとおもう(まぁ、みんなそうなんだけど)、横山さんのギターとケイコさんのボーカルが絡んでいるところなんてエロが止まらなかった!すげぇな。すげぇな。セクシーな演奏は本当に私の大好物だ。セクシーって何でこんなにも魅力的なんだろうか。大好物だ。姿かたちではなくで(できることならセクシーな姿にもなりたいけど)ソウルが、音が、フレーズがセクシーでありたいなと改めて思う。セクシーがなんであるのかわかれば自ずとセクシーになれるだろう。意味不明。

終演後、サルが迎えに来てくれ「腹減った」という事で焼き小籠包を食べてからつるのりへ。知った顔もちらほら。その後宮前先輩も合流して3人で食べて飲んでいたら宮前先輩の友達がきてこれからキャバレー花園にいくんだけど一緒にいかないかと誘われる!!わたしが!!!キャバレーへ!!??キャバレーなんてこれを逃すと生涯いけないだろうと思ったのと親しい頼りがいのある友達(宮前先輩)がいたから「行ってみたいです!」と二つ返事でOKし、みんなで行くことに。男性は4人いればひとり無料らしい。女性はもともと無料らしい。飲み放題食べ放題だよというフレーズにも魅かれて連れて行ってもらうことになった!!ぎゃ〜〜〜〜!!初体験。この歳で初体験の出来事があるなんて!
ものすごく緊張したけど楽しかった。なるほどこういう風になってるのか〜最後に具なし味噌汁がでてきた。「具がない=グガナイ=グンナイ=good night=お帰りのお時間です」という意味らしい。結構しゃれてる。しかし店を出た後にはなんだか複雑な気持ちになる。どうしてこんなところで働くのかとか、なんでこんなとこに男性は来るのか。需要と供給がある以上商売は成り立つだろう。しかし複雑。そういう仕事を軽蔑する気持ちなんて全くないし自分で選んだ仕事の事にとやかく言われる筋合いはないだろうからとは思うものの何というか今まで味わった事のない気持ちになる。知らない人に触れられるだけでゲーしちゃう気持ちにならないのだろうか。とか。私は本当に世間知らずだと実感。いろんな世界があるもんだ。いちいち衝撃をうけてしまう。みんなすごい!頑張って生きているんだと思う。私も頑張って練習しよう!今日は昼間も夜も何かと性についての感情が揺さぶられるいちにちだった。今日は長かった!!

|

Le Ryoko manquish et Chemale with マーズ古田 (映像) @今池まつり1日目

明日のリハーサルやってから、今池まつりへ。すごい人だ。去年は大雨で中止になって得三でちょっとだけやったんだけど今年は外で演奏できてよかった。
てゆうか、この名前「Le Ryoko manquish et Chemale with マーズ古田 (映像)」というのは森田さんが命名したんだけどあまりに恥ずかしいのでちょっとだけフランス語風にしてエロさを隠したタイトル。意味を聞かれた時に答えると「ええええ!!そんな意味!?」といわれる。この名前で来年もやるのだろうか。。。ぷぷ。

インプロで10人以上集まると絶対にカオスになって単なる雑音の垂れ流しになってしまう恐れからすこしサインを決めて取り仕切ってみる事にした。基本的は自由に演奏してもらえたら良いけどちょとだけのつもりで。しかし、演奏中にぜんぜんサインを見てない人、サイン通りにしか演奏しない人(自由にやってもらっていいのに。。。)、人数多すぎてサインが見えてない人、まったくサインに従わない人、遅刻する人、違う場所で待機していた人、本番中に焼きそば買ってきて食べてる人、もう、信じられないぐらい自由な感じで笑えた。これでいいと思う!あはは。ぷよさんのソロがとっても良かったなぁ。ソロ終わりでお客さんから拍手がきたのはぷよさんだけだったと思う。すごい!インプロで演奏中に拍手がくることなんてまずないので、お客さんにも伝わったんだと思う。やった〜〜!私もまけてられないぞと思って思い切って拭いたらマウスピースパッチがはがれてしまってしまって吹けなくなった。あはは。最後はみんなで「あわせて終わろう!」って気持ちになれてちゃんと終われたし、こんな大所帯でうまくまとまれたと思う。古田さんも楽しそうでよかった。来年はもうすこし改良してもっとよくなるような工夫をしたい。来年のこの日も晴れますように。

|

John Zorn's COBRA @せんがわ劇場

巻上さんから声がかかり、ブッキングの時点でビビる。これは、、、覚えているだろうか。かなり不安だった。当日は日本人とカナダ人が半分ぐらいの割り合いのメンバーで、皆さん面白く個性的だった。大熊さんとは何年ぶりだろうか、北さんとは渋さで年に一度ぐらいはあってるかな。リハーサルはほとんど英語で進められ、私語はフランス語と日本語というとてもインターナショナルなリハーサルで笑えた。隣の席のルネさんはノリが良くて楽しかった。コブラはルールを覚えているのが前提なのでなかなか難しい。さらに即興で「自分の唄」を歌い、ある時は誰かの伴奏で、ある時は対旋律だったり、臨機応変に変えていかなくてはいけないのに全体の構成を考えてサインも出さないといけないし、ソロや、メンバー内で小さなトリオを瞬時に結成したり、本当に頭が擦り切れる。痩せる。こういう場合はリハーサルでたくさん間違えて怒られて、恥かいて正しいルールを、効果的な進め方を覚えていくのが良いのかと思う。これは大きなフェスティバルのようで、石田さんや沼田さんも物販スタッフできていて会えてよかった。来年の沼田さんの誕生日になにかやりそうな予感。。。ふふふ。終演後にルネさんに「君とっても良かったよ!ありがとう。明日はぼくのグループでコンサートがあるのだけどゲストで出演してもらえないか?」と打診され、泣く泣く断った。ああああああ、、本当に勿体ない。おおきなチャンスを逃した感がある。ここで仕事や家庭ややるべきことをすてて「はい、出演します!」と言えない自分に自己嫌悪。本当に残念。たまにあるこういう「突然のオファー」に乗れない自分がほんとうにやだ。ライブ以外の用事はたとえ信用をなくしてもドタキャンしてもよかったのかも。とか思ったり、いやいや、先約優先なのでライブ以外の用事でも約束は守るべきと思う私もいたりして。。。複雑な心境になってしまった。結局断ったんだけど。私ってそういう人なんだと思う。ライブは楽しかったけどすこし心残りになってしまった。

さやかも観にきてくれたので一緒に帰る。途中、通りすがりの沖縄料理屋に入って食事。適当に入った店なのにおいしかった。その後ひとりで大塚の林栄一さん家に帰る。林さんは今日は横浜でライブだそうで帰りが遅いようなので先に帰宅して真鶴さんとおしゃべり。わはは。元気そうでよかった。林さんも帰宅しいろいろ今私が思っている胸の内を打ち明ける。おれも若い時はそう思っていたよと言われた。そうなんだ。同じような事思っていたのか〜言ってみるもんだ。林さんは演奏は素晴らしいが人間も素晴らしい。こういう偉大な人とお話できて共演できて関わることができて心から感謝。一緒にいる間にたくさん刺激をもらって勉強させてもらい心からありがたいと思う。日本の世界の宝だなぁ。と改めて実感する。なんだか熱く語ってしまって午前3時過ぎに就寝。私は幸せ者だと思う。

翌日起きたら、誰も起きてこなかったので(11時なのに!)皆さんを起こさないようにしてそっと家を出る。バスで帰宅。渋滞でめっちゃ時間かかった。。。家についたら夜だった。もう夕飯を作る気力がなかったのでサルさん誘って夕食へ。お寿司になった!いえ〜い。回転すしひさしぶりだわ。サル曰く女子は5〜8皿が通常らしい。え!?そうなのか。。結局わたしは10皿ぐらいで終了。茶碗蒸しおいしかったな。和風のあんが乗っていたやつで、今度家でも作ってみよう。どんぶり茶碗蒸し。帰宅して爆睡。神様、良いい一日をありがとうございました。

|

ちくわ4本ディナー

ブッキングが確定できないでいて、のびのびになっていたSAXRUINSツアーの最終日が決まり、どこから帰ってくるのか確定したのでよかった。ということで早速フライトチケット購入。吉田さんと電話しながら隣の席を各自予約する。ああああ、わたしは日にちをまちがってフライトチケットをとったことがあるので、それ以来フライトブッキング恐怖症。てゆうか、なんども確認したら済む話なんだけど。おっちょこちょいが止まらない。
名古屋--スウェーデン--イタリア??フランス?スイス?ドイツ??--ポーランド--名古屋か。。。途中の連絡がない!そして吉田さんはあしたから中国なので連絡とれぬ。無事にお帰りください。

さらに来年1月のオーストラリアが全然決まらない。どうしようかなぁ。せっかく呼んでくれているので行きたいとは思うけど、ギャラによるなぁ。ギャラ値上げ交渉が決裂したらいくのはやめよう。もうすこしねばる。てゆうか日本人が私だけの予感!人見知り炸裂しそう。。

さらにさらに、コブラの予習、今池祭り用の曲もあるし、インプロのほうはカオスになる予感してるのでカオス対策考えないと。犬バンドの曲も覚えないと、、自分で作っておきながら複雑すぎるわ!やめとけばよかった。リョケのミーティング、犬の録音用データ作り、某書類作成、あと札幌から友達がくるんだった。横山さんが今月でオーディス最後になるので行っておきたいし、不破さん企画のクラシック曲の譜読みもまだ終わっていない。てゆうかダウンロードもまだしてない!今月はやばいなぁ。落ち着け落ち着け。。優先順位を考えて計画立てれば大丈夫大丈夫だいじょうぶ。まずは落ち着く事が一番。平常心。。。平常心。。。昨日の夕飯は作っている時間がなくて、ちくわ4本という悲惨な夕食だったので今日も作る時間ないけど、もうちょっとましなものを食べよう。

|

コブラ

ええええ英語がやっぱり苦手。学生時代にちゃんと勉強しておけばよかったわ。こんなに英語を使う事になるとは思わなかったのでノーマークだった。。。話をしている時にすぐ出てこない。、えええ、、、ととおお、、、ってぜんぜん単語が出てこない。辞書で調べるとそうそう!それそれ!ってなるけど話すと思い出せない。Yと倍音の話になって「やっぱ息の角度が重要かもね」って言いたかったけど角度(angle)の単語がでてこなくて自分で落ち込んだ。えと、あの、その、、何度とか言うやつ(express degree.....)。。向きの単位で(unit of direction....)、、、とか言って説明したら「ああ、アングルのこと?」と反応してもらえたので、そうそう!ってなったけど後味悪い。なんかなぁ。

週末は、コブラがあるのでルールを予習。あああああああ、これまた忘れてる!カードにすぐ反応しないといけないので考えてる暇はない。ほかの人がどんな演奏をするのか、何が得意なのかもチェックしておかないとな。せんがわフェスティバルは今年で最後らしい。財政難なのか。最後に呼んでいただいて光栄ですありがとうございます。コブラに関しては毎回、吐きそうになるぐらい緊張するので多分来週の私は痩せてると思う。また名古屋でもできたらなぁ。はじめましての人もいるので緊張しないでリラックスできるよう気持ちを仕上げていかないといけない。心臓がキュッってなる。恋してる感じとは違ってもっと圧力がある感じ。きゅんとなるんだけど気持ちの良い感じじゃないんだなぁ。

|

バレーボールズ@得三

久しぶりのワンマン。得三でのライブは、残すところ今回いれて2回となる。ちょっと寂しい感じもある。ありがとう得三。感傷的になっちゃたりして!!

バンド的には今日は珍しくへんなところで間違ったり、歌詞がでてこない人もいたり、びっくりすることが多かったんだけど演奏はすごくよかった。不思議なもんだなバンドってのは。なにか困ってると必ず誰かがお助けフレーズを入れてくれる。自分も誰かがこまっていたらお助けフレーズを入れてる。みんなで作ってる感がすごい。

ひさしぶりにKさんも観に来てくれていた。Kさんと親しくしていたIさんが先週亡くなったのでいろいろ後片付けとか取り仕切ってやっているよう。レコードが1000枚もあったらしい。Kさんはライブ中、一番前のテーブルの上にステージに向けて私達に見えるようにIさんの位牌と線香とお酒を置きだした。それがなんだか私はすごく不快だった。気持ち悪いし、気分悪い。Iさんが亡くなったのは本当に残念だし悲しいけれどライブ中にそんなことされて本当に嫌だった。どうして私は嫌悪の気持ちになるのかなぁ。人に優しくないのかなぁ。なんて考える。よくわからない気持ちになってしまった。あとは演奏に集中していたので忘れていたけど思い返すと、きっとKさんのエゴの部分だけが自分に響いてしまったのだと思う。Iさんは関係ない。
悲しい気持ちはわかるけどそれを押し付けるのは本当に不快。そんな事されて死んだ人だって嬉しくないだろう。この気持ちは何だろうと考える。知り合いだからといって他人のエゴを寛容できるほどの大きな心は私は持ち合わせてない。どんなに仲良くしていたって嫌なものは嫌と言うし、他人のエゴに付き合う時間は私には1秒もない。

寝不足だったので帰宅してすぐ寝る。ああああ、やっぱり私の家のベッドは最高。

|

リョーケストラ@新宿

リョーケストラ新宿ライブ!リョケで東京にいくのは10年ぶり2回目ぐらい。前回は曼荼羅2だった。ピートさん仕切りで。本当にうれしかったのでいまでも鮮明に覚えてる。今回は樽谷さん主催で。本当にありがたい。

片桐車で行くことになったけど、集合時間だけ決めてゆるく集合。一緒にいかない人もいるし、車内でずっとしゃべり続けている人、食べ続けている人、揺れる車内でお化粧をして必死にアイライン書こうとしてる人。腰痛い人、寝てる人、ほんとみんな自由すぎる!笑えて来た。

はじめての場所だし緊張しながらサウンドチェック。ここは正統派ライブハウスみたいな感じで雰囲気良い。こういうところで演奏するの久しぶりだなぁ。ハックフィンみたいな感じ。本番前にちょっと食事してから、「顔合わせ」という行事があったので参加。企画の樽谷さんが全バンドを紹介する行事で、こういうのやるの初めて。でもどのバンドが誰なのか分かったし、こういう挨拶っていいなと思う。

演奏はちょっとまちがっちゃったところもあったけど楽しくできた!アンコールもさせていただいて東京の人はいい人ばかりだ!やっぱりバンド楽しいなぁ。と思う。そして私にとっては初めての「サックスを持たないライブ」で結構新鮮。楽器の心配いらないしこれは楽だわ。。。終演後に樽谷さんがライブハウスのオーナーを紹介してくださって「小埜さんはサックス奏者なんですよ」と説明してくれたけど、オーナーは「え!?そうなの?想像つかない。。。」と言っていた。そりゃそうだわ!!
いろんな縁あって、こうやっていろんな人と知り合う事ができて楽しかった。これもお客さんがいてからこそ。感謝。
帰りは片桐さんと武藤先生と3人で東京からぶっ飛ばして帰る。片桐さんがずっと運転だったので、目の覚めるような話をしようとこころがけて、怖い話をしたんだけど「何それ。。。よくわからない」と言われて失敗に終わる。怖い話を怖く話すのはむつかしいお勉強になった。朝4時ごろ到着。眠いけど今日はバレーボールズのライブだ。。。。頑張ろう。週末ぜんぜん時間ないので買い物にも行けない。もう野菜が玉ねぎしかなくなってきた。。

|

ライブからの〜札幌停電情報

久しぶりにKIKIBANDのライブに行ってきた。知り合いもちらちら来ていてやっぱりみんな好きなんだなぁ。ぷよさんなんてお店やすんできてたもんね。すごい!
梅津さんのあの、ワンアンドオンリーな音色、奏法と、バンドとしてのまとまってぐわわわーってなる盛り上がりどこを取ってもかっこいいしか出てこない。なぜかリョケのメンバーが3人も来ていた。ぷぷ。
バンドってのは本当にいつどうなるのかわからなくて、みんなの生活や、環境や、技量や、健康や、考え方や、、、たくさんの要素がずれてきちゃうといとも簡単になくなってしまう。だけれどもみんなで一緒に考えて一緒に演奏して苦楽を共にして良かったり、悪かったり、熱くなったり、言葉に言い表せない感動があってこれを経験してしまうとほんとうに老若男女問わず麻薬のようにバンドをヤリたくなちゃうんだなぁ。

得三で、みんなに「実家大丈夫だった??」と聞かれて札幌で地震があったのを思い出した。親は午前中に連絡とれたから問題ないけど、札幌で一人暮らししている弟の事をすっかり忘れていたので、心配になって夜10時頃メールしてみたら、まだ停電しているらしかった。冷蔵庫にある食材が腐ってしまうからという理由で、肉や野菜を持ち寄って集合したらしく、
「今、友達で集まってバーベキューしてる」って写メが届き、めっちゃ盛り上がっているようだった。なんなんだ。。。この人。。。。さすがだ。。。
「今んとこ、被災感ないよ〜」と、返信がきた。
電気はとめられているものの、ガス、水道は問題なく、携帯の充電は車でできるらしい。なにも心配いらなかった。「あと3日分は食料あるよ!」と返信がきた。でも、4日目どうするのよ!!
ちょっと心配だったので、「起きてるとおなかがすくからもう寝な!!!」って返信したら、「まだのんでるからまたね〜〜」って勝手にメールのラリーを終了される。

ワイルドだなぁ。そして昔から慌てない、騒がない、楽天的で細かいことを気にしない弟だったのを思い出した。弟が小さい頃、大きなごみ袋を持って近所にある川の上流まで歩いて行き、そこからごみ袋を膨らませてそれにしがみついて下流に流れてくる遊びをこっそりしていて、親に「危ないでしょ!」と怒られていたのを思いだす。バカだ。バカだけどかけがえのない家族。ぜんぜん連絡くれないけど。電話してもすぐ切られるけど。

とりあえず、安心。

|

細かい事に動じない人たち

朝起きたら、夜中の3時半ごろに札幌に住んでいる弟から「大丈夫だから!」とメール。え?何がダイジョブなんだ??とおもってニュースを見て驚いた。震度6の地震があったようで心配になって電話したら、電気が止まっているけど問題ないとのこと。電気とまると大変よね。。。。なんか本人はいつも通りのバカっぽい感じで「おぅ、大丈夫だ!」なんて言ってた。こういう時は焦ったり、騒いだりしていると余計に心配になるけど、バカはいいなぁ。と思う。あいつだったら何があっても生きているだろうと思う。弟のワイルドすぎる過去の経験のおかげでどんなことが起きても冷静に今を生きる術を自然と身につけているんだと思われる。サバイバル慣れしてるから大丈夫だろう。バカだけどたよりになるなぁ。普段はぜんぜんメールも電話もくれないけど。ぷぷ。

今日はとっても嬉しいお知らせと、微妙な知らせがあった。そして私は重大な決断をした日でもあった。さらに忘れ物をした。そして人情の暖かさに触れた。そして友達に励ますメールをしたらとてもよろこんでくれて私も嬉しくなった。さらにある友達からとても人には言えない秘密を告白された。秘密を共有してしまった。

昨晩は夕飯作るのめんどくせーなーーって思っていたらKからごはんたべようと連絡あり。私の家の近所で待ち合わせして鶏料理の店へ。むしゃくしゃした出来事があったそうで私に聞いてほしかったみたい。いいよいいよ言ってごらん!聞くよ!そういう時あるよなぁ。お互いの近況報告もしたりここ何年も抱えてる家庭問題の話だったり、本当にいろんな人のいろんな生活があるんだと思う。わたしも愚痴言ったりしていたら「りょうこちゃんだって、どこかでかならず誰かの役になってるよ」とサラリといわれちょっとふわ〜〜って気持ちになる。ありがとう。

|

台風過ぎて、、、また暑くなるようなかんじね

死ぬほど暑くて、いままで見たことないような数字を温度計で見ちゃったり、想像もできなかった暑い日が続いて、そのあとにさらに想像もしなかったヘヴィーな台風が来た。地球が壊れてきてるのか。神様がどうしてこんなことするのかわからん。宇宙から見るとあと何億年後(もっとあとからもね)には地球は氷河期になるそうで今生きている事自体が奇跡とういかこのほんとうに計り知れないような短い期間に私達は生まれてきて死んでいくんだけど、そういうこと考えたら普段の私の小さな悩みなんて本当に心からショーもない事なんだと思う。

家の一部が壊れたり、車が横転したりするのを見た。いまこうやって私が文章を打っているいる間だってどこかで誰かが助けを求めているのかと思うと、何もできない事を申し訳なく思う。がんばってくださ〜い。お気を付けくださ〜い。って言ってみる事なんて誰でもできる。それよりも私は申し訳ない気持ちでいっぱいだ。大人になって、歳をとって、考え方が変わってきた。若いころは自分の力で自分のために生きていてだれにも頼らない、迷惑をかけない生き方が美徳とおもっていたけど、人はひとりでは生きていけないわけで、助け合い、助けてもらい、社会に貢献し、隣人を互いに尊重していけるような生活が「充実してる」って思えるようになってきた。そこに音楽が必要なのかって事を考えるとここでは書ききれないので割愛するとして、とにかくいまは被害にあわれた方にどのような方法で自分が助けてあげられるのか考えるほうがいいとおもわれ。そのためにはがんがん働いてがっつり税金を納めて、それを有効に使ってもらう事が直接的に有効かと考える。そのための税金を私利私欲で使ったり誰かに嘘をついて使ってしまうような人達もいるわけでそういう人たちは後を絶たないだろうと思う。なんだかなぁ。これが世の中の本当のしくみだとしたら生き地獄。死んでも死にきれない人ばかりになるなぁ。

|

決断力ないわぁ。

用事のため某所へ、そのついでに近所の某レストランへ。ここは知り合いの店なんだけど、こういう時は気をつかう。まず出されたものは全部食べないといけないだろう。今日の日替わりランチにはポテトサラダがでてきた。あとトマト。まぁ出るだろう。わたしはこれを残してしまった!!!ごめんなさい。悪い事したなぁ。と思いつつもどうしても口に入れる事ができなかった。嫌な気分になる。ほんとごめん。食器を片付けるときに「あ、、、残してる・・・」と思われただろう。。ごめん。

その後、すぐに帰って掃除、洗濯、拭き掃除。除菌用のアルコールスプレーにハッカオイルをちょっと入れてみたらとても使いやすく心地よい感じになった。わーい。
今日はなんにもする気分になれなくて掃除とか料理とか洗濯とか。。。そういうことに一生懸命になってしまった。たまにはいいだろう。床をぴかぴかに磨きたくなる。夏の間は裸足がおおかったからなおさら。拭き掃除はきもちいい。埃もとれてすっきりするし、なんかわかんないけど気持ちいい。

ツアーの後半の予定を決められない、、、どうしようか。。。本当に悩む。早めに切り上げて帰ってきた方がいいだろうなぁ。本当に難しいと思う。何かを「決める」時は直感で短時間で決めてきたけど、今回は決断に時間がかかるなぁ。どうしてだろう。へんな欲だしたりするのはやめよう。健康第一である。時間とスケジュールに余裕を持った方がいいと思われ。。

|

「2時間飲み放題」に「菅野美穂」が含まれる

まだ暑い、、、ぜんぜん暑い。突然I子からメール『「2時間飲み放題」に「菅野美穂」が含まれる!』とのこと。なんだそれは!とおもったけど、確かに含まれる。。。おもろい。。

週末は山力の予感がしているので仕上げておかないといけない。すこし夕飯メニューをダイエットメニューに変える。マグロが安かったので「づけ」を作って柚子胡椒たっぷりと千切り生姜とねぎを思いっきり乗せて食べる。うまいやんけ!やっぱり自炊のほうが美味しいんだよなぁ。味付けも自分の好きなようにできるし。でも揚げ物は後片付けを考えたら外食に限るかも。

最近は週に3.4回は郵便局に行っている。CDの注文をしてくれて本当にありがたい。良い作品を作り続けていく励みになる。買ってくれた方には「お値段以上」の気持ちになってほしいと思う。なにをもって「良いもの」なのかは主観の問題だけど、少なくとも私が面白いと感じて制作した音楽が買った人にもそう思ってもらえたら幸せだなぁ。と思う。良いライブをして良い制作をして、良い作品をリリースできたらいいなぁ。いつまで続けられうのかわからないし音楽環境だってよくなってはいないけどその中で工夫して作っていくこと、企画していくことが私が好きだ。

リリースをすると「レビューを書いて私ウェブサイトでのせる」とか、「ラジオで放送するから」という理由でただでCDを送ってくれと言われる事があって、宣伝と思えば納得いくのかもしれないけど、こんなにも大変な思いをして死ぬ気でいろんな人を巻き込んでこんなにも苦労して制作したCDを見ず知らずの人にただで送るなんて納得いかない。ちゃんと買ってくれている人にも失礼ではないのかと思う。私はお金のことを言っているのではなく、「音楽家」としてリスペクトしてくれていないと感じる。リスペクトされていない私の音楽に原因があるのなら、それはそれでわかりやすくて良いと思う。その一方でこれはマーケティングで言うところのプロモーションであって、直接販売とは別の考え方としてサンプル版として送るのはアリなんじゃないかという気持ちもある。私は世の中の事を知らないのかなぁ。世間知らずなのかなぁ。自分の生きている範囲ではすべての物事を判断するのに経験が不足なんだと思う。だから社会的な事、商業的な事についても判断ができない時があるけれど、そういう時にはやっぱり自分の「義理と人情」が8割を占める考え方で結論を出してしまう。ニッチェな市場なので何を好き勝手いってるんだ!!って思われそうだけど。ぷぷ

これが良いのか悪いのかはおいといて、やっぱり一番大切にしたいのは制作物に対価を払って買ってくれて、時間を割いてライブにきてくれる方々。
なんにしろお客さんありきの私なんだと。聴きたくない人は聞かなくていいけど、聞きたいと思った人には、何が何でも私のすべてをかけて良いものを提供したい。人を楽しませようと考えて演奏はしてないけど、せっかくライブに来てくれている人には今日一番楽しい時間だったといつも思ってほしい。

ただそれだけなんだよな。こうやって、長々と書いていても、結論はいたってシンプルな事なんだと思う。
そして、ひねくれた私の考え方をちょっと改めたい。

|

ひらひら

だんだんと太ってきた。。心当たりはたくさんある。。。まず、食べ過ぎ、そして夕飯食べる時間がなくてへんな時間に食べちゃう。それと運動不足。ということで2カ月に1回ぐらい行っていたプールの回数を増やすことを決意。週に3回はいきたい。歩いて行けるところにプールがあるんだから行った方がいい。と、思う。回数券も買ったし、プールの後でおなかすいちゃって食べ過ぎちゃうってのもきをつけないといけない。
さらにクロールをもっと美しく華麗に水しぶきを一切立てないで、ひらひらと流れるように泳げるようになりたいなぁ。少ない力でぐんぐん進んで、且つ、美しいフォームになりたい。教室いこうかしら。そんな時間ねーよなぁ。

|

Plastic Dogs

Plastic Dogsのリハーサル、今日はついに暗譜へと移行。できるかと思っていたらちょくちょく忘れているところがあった!とほほ。。。しかし、自分がどの曲のどの辺の構成に弱いのか分かってよかった。あとはがっつり暗譜ができてないところを反復練習するのみ。これらは個人的な練習で。全体としては以前よりずいぶんよくなってきたので細かいダイナミクスや、アーティキュレーション等をみんなで確認しながら進める。参考音源をmidiでつくっているから、わたしのmidi技術だとのっぺりして無機質な音源になってしまうので、音源では伝えられないイメージや細かいニュアンスを全体で確認した。

このバンドの曲は、ギターにとってはかなり難易度高くて手がおかしくなりそうな感じらしい。もちろんサックスもそうんだけど、、、よくよくギターの運指を見ているとすごいことしてる!あえりえない運指!こんな事させて申し訳ない気持ちと、こんなに大変だったなんてという衝撃があった。よくもまぁ、文句も言わず付き合ってくれていると思う。左手の薬指と小指を早く動かすためのトレーニングがあるそうで、そのためのトレーニング用フレーズを反復練習したりするって言ってた。すごいなあ。運指のトレーニングはピアノとかもあるとは思うけど、私はサックスでは運指だけのためにやったことがないなぁ。あるのかなぁ。できない部分は何回も練習するけどそういう事とは違うんだと思う。ギタリストは大変だ。とにかく、大変みたいでごめん!!私も頑張る。

打合せもして来年ぐらいからレコーディングしてみようかって話になっているので、ギャラを製作費に充てる事になった。いつでも自転車操業だなぁ。と思う。情けない。
このバンドはきっと面白くなりそうだぞ。曲にしてもどんどん欲が出てくる。こうしたい、ああしたい、ってなってくるので録音は急がずに個人的にはもうすこしみんなで練り上げる時間が欲しいところ。曲が固まってきてみんなとの曲のイメージが共有できてくるとさらにそこでもっとよくなりそうなアレンジを試したり取り入れたくなってしまうのが私の悪いくせかも、そういうことするとぜんぜん終わりがない。リョーケストラも同じ。新譜ができたのにまだよくなるかもってアレンジし続けていてライブの度にアレンジしてる感じ。いつまでたっても終わらんし、変化し続けるのは良いとは思うけど終わりがないので気を付けよう。一度区切りをつける勇気!

|

****今月読んだ本と感想メモ****

『別海からきた女』佐野 眞一著
 ⇒佐野 眞一のノンフィクションは安定した読みやすさ。満足。
『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』
 ⇒なんてドラマチックな本なんだろう!久しぶりに手に汗かいてページをめくる。
『インドの代理母たち』ギーター・アラヴァムダン著、鳥居千代香訳
 ⇒普段の生活や、お金、差別、普段は知りえない事実が若干悲しい。
『もたない男』中崎タツヤ著
 ⇒この断捨離はもはや病気か。でも面白い。持たない生活にあこがれる。
『ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女』(上・下)
 ⇒前作までは傑作と思っていたがハズれた気がする。しかし映画は見たい。
『犠牲(サクリファイス)』柳田邦男
 ⇒終末医療の在り方について、脳死について考える良い機会になった。
『源氏物語 谷崎潤一郎訳』
 ⇒寝本にはちょうど良いんだけど、エロい長いデカい厚い重い手が痛い。
『鬼畜(短編集の一部)』松本清張著
 ⇒映画があまりによかったので、原作を探してきたが映画のほうがはるかに良かった。
 岩下志麻/緒方拳、黒木瞳/北野武、常盤貴子/玉木宏バージョンがあるが、私は断然岩下派。
『わたしを離さないで』カズオ・イシグロ著
 ⇒3回目なので衝撃のラストは読むたびに感動薄れるが最高。
『叶恭子 知のジュエリー12カ月』叶恭子著
 ⇒他人をリスペクトしながらも決して人と比べず自分の人生を生きる姿勢は素晴らしい。
『ペルセポリスI.Ⅱ イランの少女マルジ』マルジャン・サトラビ著
 ⇒戦争と革命の支配下にいる少女の姿がたくましい。マンガってのも良い。

|

プロモーション

ケベックのフランクさんがリョーケストラのDMKをあちこちで紹介したいと言ってきて、彼のウェブサイトでレビューを書いてくれる事になった。てゆうか、私達のことをどこで知ったのだろうか。今日はたまたまアメリカから注文がはいっていたので良いタイミングだと思って、どうやってリョーケストラの事を知ったのですか?って聞いてみたら、「私は以前もあなたからCDを買ってますよ、あなたのウェブサイトをチェックしたら新譜があったから購入した」とのこと。。。前も買ってくれているのか。。。とほほ。なんかバツが悪い。前回買ってくれていたことを覚えていなくてすみませんでした。ほかの人はどうなんだろうか。。。やっぱり宣伝って大切なんだなぁと思う。私は音楽家だからひたすら自分に与えられた仕事をやるのみ。黙って良いものを制作していればいつか誰かが聞いてくれるって気持ちでいたけどそうでもないのかも。制作したものをどうやってたくさんの人に聞いてもらえるか考えてみる必要があるかもと考え方が変わってきている。ニッチェな市場かもしれないけど、それでも興味もって聞いてくれる人は多い方が良いし励みになる。応援してくださる人には本当に感謝。しかし、絶対にわたしは誰にも媚びたりしないし、損得勘定で仲良くなったりしない。媚びたりすることが死ぬほどに嫌悪。自分が一番素直で正直になれる自分の音楽は何があっても汚れていてはいけない。媚びる事が汚れる事ではないけれど、そこには正直がない。そして私は自分にとっても音楽が何なのかさらに追及して考えていく事が私の役目なんだろうと思う。派手な事やすごい事を演奏するのが目的ではなくて自分からいま湧き出るものを丁寧にすくう事を続けるほかやりようが思いつかないんだなぁ。そこにプロモーションは必要なのかなぁ。なんだか揺れる。

|

«頭の中がパンパンになってきたので、なんとかならんのか。